食用油にご用心、過酸化脂質という体内ゴミ

食用油にご用心、過酸化脂質という体内ゴミ

「湿疹とは体内ゴミの排出現象である」ということを前回お伝えしましたが

特に不飽和脂肪酸と活性酸素が結びついた

「過酸化脂質」

はもっとも体内ゴミになりやすく、肌に影響を与えやすいと考えています。

2018年当時4歳だった娘の湿疹に使っていたステロイドを完全にやめたあと、娘の食と湿疹の因果関係を観察していくと

決まって揚げ物を食べた夜中、特にひどくブツブツが出てかきむしる

ことに気がつきました。

「湿疹の原因は油ではないか?」

という仮説ができ、各種セミナーに出たところ、「過酸化脂質」にたどりついたのでした。

過酸化脂質を避ける食生活は、外食がほぼできない、買えるおやつが限られるという苦労がものすごくありましたが

徹底して行ったところ、効果抜群。

さらにこの過酸化脂質は、現代人が気づかぬうちにたくさん摂ってしまうものの一つ。

シミやシワの原因にもなるため、気をつけておきたいところです。

少し専門用語が入りますが、肌あれやアトピーでお悩みになっている方はひとつの突破口になる可能性がありますので

「過酸化脂質の影響や対策」

についてまとめていきたいと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです!

 

過酸化脂質になる油とは?

過酸化脂質

下図のとおり油は

●飽和脂肪酸

●不飽和脂肪酸

に大別できますが

過酸化脂質になるのは「不飽和脂肪酸」の方

不飽和脂肪酸は

●多価不飽和脂肪酸

●一価不飽和脂肪酸

にわけられ、多価不飽和脂肪酸は

「PUFA(プーファ)」

と呼ばれます。

脂肪酸組成

PUFAの中でもオメガ3系の油(えごま油・亜麻仁油)は一般的には健康油として推奨されているので

健康に詳しい方ほど積極的に摂取されていることが多いです。

ただくわしくは後述していますが

●そもそも現代人は油を知らないうちに多く摂りすぎている

のに加え

●ステロイドを使っている方だとPUFA摂取により炎症はおきやすい

ので注意が必要になります。

ちなみにサラダ油は不飽和脂肪酸の混合油で酸化しやすいです。

(経験上、鉄板・鉄鍋・鉄のフライパンにサラダ油での揚げ物や鉄板焼きが1番湿疹がでました・・・涙)

飽和脂肪酸は動物脂やバターなどで、常温で固体。酸化しづらいのがメリット。

ただ、血管内で固まりやすいので、心臓疾患系のある方はとりすぎ注意の油でもあります。

 

過酸化脂質を減らす日々の食事、3ポイント

過酸化脂質を減らす日々の食事、3ポイント

では、油に気をつけ、過酸化脂質を増やさないためにはどうすればよいのか?

頭に留めておきたいのは下記3点です。

(1)揚げ物・炒め物はやめ、煮る蒸す焼くを中心に

体内の過酸化脂質を減らす第1歩はこれ。

特にアトピー・肌あれさんは、油を使わない調理法にするだけで湿疹・かゆみが減った事例を多数見てきたので、効果的だと思います。

もし炒め物をするにしても、上記図の飽和脂肪酸や、比較的酸化しにくい一価不飽和脂肪酸(オメガ9系)の使用がおすすめです。

 

(2)加工食品の「植物油脂」に注意

そうめんやアイスなど、油が使われているイメージがないものにさえ入っており、驚くほどに加工食品に使われている「植物油脂」。

化学溶剤による抽出で、酸化しやすい油が使われていることがほとんどです。

知らず知らずの間に現代人は油の取りすぎになってしまうため、注意が必要です。

ちなみにお子さんに湿疹症状がある場合、ほとんどのおやつには「植物油脂」が入っており

「あげるおやつがない!」

という事態に陥りがち。。。

でも

●干し芋や旬のフルーツ

●赤ちゃん煎餅やぽんせん(お米と塩のみ)

●たまにバターだけで作られたクッキー

●添加物の入っていない和菓子

など、探せばあるのでここは頑張りどころです!

(本当は大人のおやつにもこういうものがおすすめですが・・)

 

(3)マーガリン/ショートニングに注意

悪玉コレステロールを増やすとされ、健康リスクを指摘されているトランス脂肪酸。

トランス脂肪酸はマーガリン、ショートニングに使われ、さらにマーガリン・ショートニングは、パン、ケーキをはじめとした洋菓子に使われます。

こちらも摂りすぎると湿疹が生じやすいので注意が必要です。

 

脱ステ初期は、徹底的に過酸化脂質を避ける必要がある

脱ステ初期は、徹底的に過酸化脂質を避ける必要がある

少しの肌あれは「過酸化脂質を気をつける」ぐらいで大丈夫なのですが

ステロイド使用者の脱ステに限っては、初期、徹底的に過酸化脂質を避けることする必要があります。

(このあたりはセミナーが必要なぐらいの内容になってしまいまうので結論だけ書きますが)

ステロイド使用者の場合、通常の糖代謝でなく脂質代謝になりやすくなっており

代謝時にPUFAが血中を流れ、炎症体質になりやすいためです。

ステロイド(免疫抑制)をやめたことによる体内に溜まっているゴミ(過酸化脂質と、それに包まれる重金属等)の排出に加え

脂質代謝によるPUFA燃焼での炎症が発生し、ステロイドをやめた後、初期は特に大変です。

ですので

過酸化脂質となる油を避け

単糖類や二糖類である果物や黒糖はちみつ、多糖類であるご飯をきちんととり

●脂質代謝でなく、糖代謝に持っていく

●糖代謝を維持していく

ことがポイントになります。

少し難しい話となりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました!

ブログに戻る