新年度のストレスケア

新年度のストレスケア

こんばんは!MANARIの溝渕です。

あたたかさが嬉しい春本番ですね。

とはいえ、環境の変化や新年度の疲れ、ストレスが出ている方もいらっしゃるかもしれません。

私は今春、環境の変化が多く忙しかったため、扁桃腺が腫れて、口内炎が出てしまいました。

ストレスによる炎症は、その方の弱い粘膜から出てきます。

今回は「新年度のストレスケア」について。

少しでも参考になれば幸いです。

抗酸化物質をいつもより意識的に摂ろう

 炎症が出てくる理由。

それは、体内に活性酸素が発生するからです。

ストレスが増えて交感神経優位になると、顆粒球(白血球のひとつ)が増え、活性酸素が増えます。

新年度のストレスは、環境要因が多く、しかも無意識に受けていることが多いため、避けることが難しいもの。

ですので、対策としては、活性酸素を減らすべく「抗酸化物質」を意識的に取り入れることがオススメです。

抗酸化物質

この時期取り入れやすいものとしては

●ブロッコリー:特に芯の部分。ビタミンC、ケルセチン、スルフォラファン豊富

●ピーマン:ルティン、β―カロテン(体内でビタミンAに変化)、ビタミンB群、ビタミンC豊富

ほうれん草:ビタミンA、β―カロテン豊富

など。

サプリで何か単体を補えばいいと思われがちですが、活性酸素の毒性を消すにはそれぞれの栄養素の連携プレーになります。

また、抗酸化物質は体外から取り入れるだけでなく、タンパク質やミネラルを原料に身体の中でも作られます。

つまり、何かひとつ補えばいいというものではなく、バランスが大切。

ゆえに、食べ物から摂る方が理想的です。

 

ゆるめる時間を意識的にとる

交感神経優位になりやすい4月。

であれば、意識的にゆるめる時間をもち、副交感神経のスイッチがちゃんと入るようにしたいところです。

ゆるめ方。

いっぱいありますが、この時期らしく、栄養的にもおすすめなのが

ティータイムの「よもぎ餅とよもぎ茶

よもぎ餅

よもぎは葉緑素や鉄、β‐カロテン、ビタミン、食物繊維など栄養面で優れた野草。

血液浄化作用に優れており、この時期酷使されている肝臓のサポートにぴったりです。

よもぎ茶単体は苦味があり飲みにくいですが、甘いよもぎ餅と組み合わせることで飲みやすくなります。

甘いものを食べ、心身をゆるませつつ、旬も感じられ、栄養面も取り入れられるといいう意味でオススメです。

これは一例ですが、ゆるめる時間を意識的にとってみてください。

もちろん、EVクリーム(Warm/Cool)の香りをかいで、深呼吸しながらゆっくりスキンケアするのもオススメ。

あえていつもとは異なる香りを選び、脳に少し刺激を与え気分転換してみてくださいね。

 

<溝渕コメント>

植物療法の初級講座、募集開始!

植物セルフケアを体得する学校

「PHYTO REMEDY SCHOOL」

その第1弾として、「フランス フィトテラピー普及医学協会」認定校である「ルボアフィトテラピースクール初級クラス」を実施いたします。

 ルボアフィトテラピースクール福岡サテライト校

●一生モノの美と健康の仕組みを学べ

●プチ不調を改善したり、自分の体質を認識したりすることができ

●改善策をセルフケアプランとして落としこめ

●すぐに学びを実践できるよう、ハーブや精油などの教材がついてくる

本講座。

会場は、植物療法と切っても切り離せないスパイス専門店「TAKECO1982」で開催させていただくこととなりました。

 TAKECO1982

※「TAKECO1982」は福岡県久留米市に店舗がありながら、製品は全国のオーガニックスーパーに置いてあるブランド。どの製品も本当においしいです。

もちろん遠方からのご出席の場合も考慮し、ZOOMでも同時開催いたします。

募集が始まりましたので、興味がある方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね。 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

週の初めの月曜日。1週間元気に過ごすことができますように。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る