秋の乾燥対策、基本5選

秋の乾燥対策、基本5選

こんばんは、MANARIの溝渕です。

乾燥が気になる季節に入りました。

乾燥対策はそれぞれやっていらっしゃると思いますが、MANARIからもすぐにできる基本の乾燥対策をお送りしたいと思います。

「あたりまえでわかっているよ〜」

ということばかりですが、今一度できることはないかチェックしてみてくださいね!

 

1.朝イチに白湯を飲もう

1.朝イチに白湯を飲もう

夏と比べ、気がつかないうちに、水分摂取量が減りがちな時期です。

朝起きた直後はとくに水分が必要。

温かい白湯であれば、消化に負担がなく、内臓もあたたまり、腸が活性化します。

朝いっぱいの白湯から1日をはじめてみてはいかがでしょうか?

 

2.すきま時間を見つけては歩く

2.すきま時間を見つけては歩く

血行も悪くなる季節。

少し汗をかくことで全身のお肌が潤い、血流量も増加し、栄養が肌までいきわたるのがウォーキング

ウォーキングは実は、スキンケアでもあります。

毎朝のウォーキングが理想ですが、難しい場合は、通勤でひと駅手前でおりて歩いたり、ショッピングにエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うなど日々できることはあります。

すきま時間を見つけては歩いてみてくださいね^^

 

3.白食材をとろう

3.白食材をとろう

薬膳では、肌、腸、のどなどを潤す食材は「白食材」とされています。

大根、れんこん、山芋、里芋、白ゴマ、梨などは、消化を助けたり、身体の粘液の材料になってくれます。

白食材は風邪予防にもなります。

焼き魚に大根おろしをかけ、山芋をすりおろしてとろろごはん、白ごまはおひたしにパラパラと。

食後でも、おやつでも、梨をがぶり。

れんこんはきんぴらか、蓮根餅がおいしいですね。

どれも簡単にすぐにできるものばかりなので、夕食の献立に気軽に取り入れてみてくださいね。

 

4.秋におすすめのハーブティーをとろう

5.秋におすすめのハーブティーをとろう

本来ハーブティーは、体質を考慮したパーソナルブレンドが効果的です。

ただ、もし手軽にハーブティーを取り入れたい場合、秋のおすすめのハーブは2つ。

(1)ごぼう茶(バードック)

ごぼうは日本では食べ物ですが、欧米においてはメディカルハーブとして利用されています。

血液浄化作用があり、便秘がちな方におすすめ。香ばしくておいしいです。

(2)ラズベリーリーフ

安産のお茶として知られるハーブですが、全身の粘膜を強化してくれるので、風邪予防や乾燥におすすめ。飲みやすいハーブです。

 

 5.夜は加湿器をつけよう

 5.夜は加湿器をつけよう

湿度50〜60%をキープすることで、喉や肌の乾燥をやわらげられます^^

・・・以上、すぐできる乾燥対策おすすめ5選でした!

そしてもちろん!

夏とは打って変わり、EVクリームの1回における使用量も増やして、化粧水もたっぷりお肌に浸透させてしっかり保湿くださいね。

唇にもぜひぬってください。

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun
ブログに戻る